カテゴリー
ブログ

テレビ東京の番組にてスタートアップJr.アワード2020大賞受賞者が紹介されました。

10月5日に放送されたテレビ東京「23時の密着テレビ:レベチな人見つけた」にて、小学生部門で大賞を受賞した李禮元(リ・レウォン)さんが取材を受け、番組内で紹介されました。番組では李禮元さんがアワードで披露したアイデア『漢字mission』も紹介、「日本一に選ばれたオリジナルの漢字ノート」として取り上げられ、その独創的なアイデアに番組MCのビートたけし氏、国分太一氏からも感嘆の声が上がりました。

当社では今後も、子どもたちの独創的な思考や発想をサポートする機会づくりを進めてまいります。

<番組概要>

番組:テレビ東京「23時の密着テレビ:レベチな人見つけた」

放送日:10月5日(火)23:06〜23:55

URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/levechinahito_mitsuketa/backnumber/20211005/

カテゴリー
ブログ

日経産業新聞にオンライン職業体験イベントの記事が掲載されました。

9月6日付の日経産業新聞に、当社が商船三井様と共催で主催したオンライン職業体験イベントに関する記事が掲載されました。

当社の企画により、「子どもが企業のアンバサダーとなって、同世代の子どもたちに向けて同じ目線で海運業の魅力を発信する」というユニークな試みで行われたこのイベントは、アンケートでも参加した子どもの80%以上が「満足した」と回答し、日経産業新聞以外にも多くのメディアに取り上げられました。

カテゴリー
ブログ

尾木ママのブログに「スタートアップJr.アワード」をご紹介いただきました。

尾木ママこと尾木直樹さんのブログに「スタートアップJr.アワード」をご紹介いただきました。尾木さんは決勝大会当日に審査員を務められる予定ですが、ご本人も子どもたちのプレゼンを聞くのを楽しみにされているとのこと。

プレ・エントリーを申し込まれた方は、ぜひ決勝大会まで進んで尾木さんに自身の思いを伝えられるようがんばっていただきたいと思います。そしてプレ・エントリーがまだの方は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください!

https://ameblo.jp/oginaoki/entry-12695669362.html

カテゴリー
ブログ

上毛新聞にオンライン職業体験イベントを取材いただきました。

8月19日付け上毛新聞の社会面に掲載されました。

群馬県の県紙である上毛新聞に、8月18日に当社と商船三井さまの共催で行なったオンライン職業体験イベントの様子を取材いただきました。

当日はアメリカ、カナダ、香港など海外からの参加も含め計135名の子どもたちが参加し、アンバサダー役の萩原一颯さん、竜誠さんの進行で、時折、船長の貴重なお話なども交えながら、海運業の仕事や船舶について楽しい学びの時間を過ごしました。

子どもたちへのアンケートでは、

「全然知らない船のお仕事を知ることができて、とても面白かった」

「知らない事がいっぱいあって、本当に船を運転している船長さんに会えたり、お話を聞けたりした事が楽しかった」

「海運業という仕事があることを初めて知って面白そうと思いました」

「またやって欲しい」

といった好意的な意見がほぼ全数で、予想以上に良い反応を得ることができました。

当社では、今後も企業様さまのご協力をいただきながら今回のような職業体験イベントを行なってまいります。

カテゴリー
ブログ

ヤフーニュースに「スタートアップJr.アワード」ファイナリストの記事が掲載されました。

8月10日付のヤフーニュースに、「スタートアップJr.アワード」2020年度大会でファイナリストとして出場し、この8月18日に商船三井のアンバサダーとしてオンライン職業体験イベントに臨む萩原竜誠さんについて取材した記事が掲載されました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbe242b908e6932a562aa3088794659443eef41c

カテゴリー
イベント

商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!

当社は、株式会社商船三井と共催で、商船三井社員と小中学生のアンバサダーが登壇し、海運業の魅力や環境の大切さを、同世代の小中学生に向けて伝える職業体験イベントを2021年8月18日(水)午前10時よりオンライン開催いたします。「海運業〜船が支える豊かな暮らし〜をテーマに、海運業の仕事内容や安全な運航のための取り組み、環境に対するアクションを学びます。その他、商船三井に関するクイズや、環境に優しい船を考える企画などを準備しています。海運業の魅力を知るとともに、未来に対して必要なアクションを、次世代を担う多くの小中学生の皆さんと学べる職業体験イベントです。

●イベント名
商船三井「海運業〜船が支える豊かな暮らし〜」オンライン職業体験

●日時
2021年8月18日(水)10:00~11:10

●開催環境
オンライン環境(日本全国・海外からも参加可能)で、WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します(ツール利用は無料)。
*初めてZoomをご利用の場合、アプリのインストールが必要になります。

●イベント内容
10:00 開会挨拶

10:10 商船三井はどんな仕事をしてるの?
・商船三井クイズ!
・海運業の仕事について

10:30 安全に運航するための大事なこと!
・船乗りの仕事について
・24時間365日の支援体制
・世界最高水準の安全運航の実現を目指して

10:45 青い海から豊かな未来をひらこう!
・商船三井の環境に優しい船の取組
・「環境に優しい船の絵」を発表!
・みんなで地球環境と豊かな未来をひらこう!

11:00 参加特典プレゼントご案内/アンケートフォーム打ち込み

11:10 イベント終了

*イベント時間は目安であり、進捗によって多少前後する場合があります。

●参加対象
小学1年生〜中学3年生

●参加費
無料

<参加特典>


・商船三井オリジナルファイル
・船が作れるペーパークラフト
・蛍光ペン
・エコバッグ
・ウェットティッシュなど

※参加特典は一部変更する場合もあります。
※イベント終了後のアンケートフォームにて郵送のご案内をさせていただきます。

詳細は以下サイトよりお申し込みください。
https://shokugyotaiken.com/event/20

■プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000043615.html

カテゴリー
ブログ

子どもたちと一緒に、社会課題の解決を目指すアワードへ。

今年度で3回目となる『スタートアップJr.アワード』のプレスリリースを先日、配信させていただきました。

今年度は、国内最大規模の高校生ビジネスコンテスト『キャリア甲子園』を主催しているマイナビさまがアワードの趣旨にご賛同いただき、冠スポンサーとなっています。さらに、決勝大会には、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんも特別審査員としてご登壇いただける運びとなりました。

回を重ねるごとに、保護者さまや学校の先生、さらには企業・メディアさまから関心をお寄せいただける状況になっており、運営スタッフの一人として嬉しい限りです。

このアワードのコンセプトは「小学生・中学生による社会課題解決のアイデアを競うプレゼン大会」ですが、単に勝敗を競うコンペティションではなく、このアワードを通じて、一人でも多くの子どもたちが社会課題について考えるきっかけになれば…というのがスタッフ一同の思いです。また、ファイナリストに選ばれた子どもたちのアイデアを、アイデアのまま終わらせるのではなく、実際に具現化させていきたいという思いもあります。

子どもならではの視点、柔軟な発想で考えたアイデアを、実際に社会課題を解決させていくソリューションとして昇華させていく…。このような考え方にご賛同いただける企業・メディアさまがいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

SDGs17番目の目標は【パートナーシップで目標を達成しよう】です。「重要なパートナー」として、子どもたちの力を借りながら、様々な社会課題が解決に向かっていくような未来を願って止みません。

「スタートアップJr.アワード2021」のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000043615.html

スタートアップJr.事務局 長竹

カテゴリー
イベント

尾木ママも審査員に!『スタートアップJr.アワード2021』開催決定!

今年度で3回目の開催となる『スタートアップJr.アワード』は、小中学生が考えた社会課題を解決するアイデアを、 書類選考の一次審査と実際のプレゼン動画による二次審査を経て、決勝大会での本番で大賞を決定するアワードです。 アイデアの独創性や着想力はもちろんのこと、プレゼンテーションの構成や表現力、訴求力などが評価の対象となります。

2022年3月6日に行われる決勝大会では、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が特別審査員として登壇。
また、学校単位で参加された場合に、受賞したチームを牽引された先生を表彰する「ベストナビ・ティーチャー賞」も設けました。小学校、中学校の探究学習の一環としてもぜひご活用いただければと思います。

<プレスリリースはこちら〉
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000043615.html

カテゴリー
イベント

「スタートアップJr.アワード」の学校での取り組みが読売新聞に掲載されました。

昨年度の「スタートアップJr.アワード」中学生部門で3位を受賞した埼玉栄中学校の小野孝寛先生による取り組みが読売新聞オンラインに掲載されました。

今年度のプレエントリーも今月よりスタートしましたが、すでに数校が学校単位で申し込んでいます。「スタートアップJr.アワード」は、新しい教育に意欲的な先生方を全面的に応援してまいります。課題探究学習の一環として、ぜひ学校単位でのエントリーをご検討ください。

https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/support/information/CO036539/20210610-OYT8T50017/

カテゴリー
ブログ

まもなくプレ・エントリー開始!『スタートアップJr.アワード2021』

スタートアップJr.アワード』は、小学生、中学生を対象とした、社会課題を解決するアイデアを競うプレゼンテーション大会です。自らが考えたアイデアを、本人もしくはチームでプレゼンテーションした動画で一次予選を通過後、決勝大会では現役ビジネスパーソンの審査員の前でプレゼンテーションを行って大賞を決定します(アイデアの独創性や着想力はもちろんのこと、プレゼンテーションの構成や表現力、訴求力も含めて総合的に評価)。

2019年に初開催したこの大会、2020年度のエントリーは北海道から中国エリアまで全国規模で拡大し、第3回目となる2021年度はさらなる応募増と激戦が予想されますが、一次予選の前段階となるプレ・エントリーを6月1日より開始いたします。

SDGsに関心があったり、日頃『スタートアップJr.』の講義で、社会をより深く、俯瞰的に見る視点を高めている小中学生の皆さんにぜひチャレンジしてもらいたいアワードですが、もちろんスタートアップJr.の会員でない方もご参加いただけます(参加費は無料)。また、昨年は学校の課題探究学習の一環として、このアワードに参加された学校もありました。事務局としても全面的にサポートさせていただきますので、先生方にはぜひそのような活用としてもご検討いただければと思います。

詳細については正式にリリースした後、改めてブログ上でもご連絡させていただきますが、以下、公式サイトにも先行してスケジュール等を記載しておりますのでご覧ください。
https://startupjr-award.jp