カテゴリー
イベント

商船三井と小中学生のコラボ職業体験イベントを企画プロデュース!SDGs、ESGの観点から企業と子どもをつなぐ職業体験イベント第1弾!

当社は、株式会社商船三井と共催で、商船三井社員と小中学生のアンバサダーが登壇し、海運業の魅力や環境の大切さを、同世代の小中学生に向けて伝える職業体験イベントを2021年8月18日(水)午前10時よりオンライン開催いたします。「海運業〜船が支える豊かな暮らし〜をテーマに、海運業の仕事内容や安全な運航のための取り組み、環境に対するアクションを学びます。その他、商船三井に関するクイズや、環境に優しい船を考える企画などを準備しています。海運業の魅力を知るとともに、未来に対して必要なアクションを、次世代を担う多くの小中学生の皆さんと学べる職業体験イベントです。

●イベント名
商船三井「海運業〜船が支える豊かな暮らし〜」オンライン職業体験

●日時
2021年8月18日(水)10:00~11:10

●開催環境
オンライン環境(日本全国・海外からも参加可能)で、WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します(ツール利用は無料)。
*初めてZoomをご利用の場合、アプリのインストールが必要になります。

●イベント内容
10:00 開会挨拶

10:10 商船三井はどんな仕事をしてるの?
・商船三井クイズ!
・海運業の仕事について

10:30 安全に運航するための大事なこと!
・船乗りの仕事について
・24時間365日の支援体制
・世界最高水準の安全運航の実現を目指して

10:45 青い海から豊かな未来をひらこう!
・商船三井の環境に優しい船の取組
・「環境に優しい船の絵」を発表!
・みんなで地球環境と豊かな未来をひらこう!

11:00 参加特典プレゼントご案内/アンケートフォーム打ち込み

11:10 イベント終了

*イベント時間は目安であり、進捗によって多少前後する場合があります。

●参加対象
小学1年生〜中学3年生

●参加費
無料

<参加特典>


・商船三井オリジナルファイル
・船が作れるペーパークラフト
・蛍光ペン
・エコバッグ
・ウェットティッシュなど

※参加特典は一部変更する場合もあります。
※イベント終了後のアンケートフォームにて郵送のご案内をさせていただきます。

詳細は以下サイトよりお申し込みください。
https://shokugyotaiken.com/event/20

■プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000043615.html

カテゴリー
イベント

尾木ママも審査員に!『スタートアップJr.アワード2021』開催決定!

今年度で3回目の開催となる『スタートアップJr.アワード』は、小中学生が考えた社会課題を解決するアイデアを、 書類選考の一次審査と実際のプレゼン動画による二次審査を経て、決勝大会での本番で大賞を決定するアワードです。 アイデアの独創性や着想力はもちろんのこと、プレゼンテーションの構成や表現力、訴求力などが評価の対象となります。

2022年3月6日に行われる決勝大会では、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が特別審査員として登壇。
また、学校単位で参加された場合に、受賞したチームを牽引された先生を表彰する「ベストナビ・ティーチャー賞」も設けました。小学校、中学校の探究学習の一環としてもぜひご活用いただければと思います。

<プレスリリースはこちら〉
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000043615.html

カテゴリー
イベント

「スタートアップJr.アワード」の学校での取り組みが読売新聞に掲載されました。

昨年度の「スタートアップJr.アワード」中学生部門で3位を受賞した埼玉栄中学校の小野孝寛先生による取り組みが読売新聞オンラインに掲載されました。

今年度のプレエントリーも今月よりスタートしましたが、すでに数校が学校単位で申し込んでいます。「スタートアップJr.アワード」は、新しい教育に意欲的な先生方を全面的に応援してまいります。課題探究学習の一環として、ぜひ学校単位でのエントリーをご検討ください。

https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/support/information/CO036539/20210610-OYT8T50017/

カテゴリー
イベント

リアルとオンラインの職業体験で、子どもたちに「働く楽しさと喜び」を。『職業体験ドットコム』サービス開始!

当社は、2021年5月19日より「はたらくたのしさを子どもたちへ。」をコンセプトに、小学生・中学生がさまざまな企業・団体のリアルな職業体験を通じて社会のしくみを学んだり、働くことの楽しさや喜びを見出してもらい、将来に向けた職業観やキャリア形成につなげる『職業体験ドットコム』のサービスを開始いたします。

さまざまな企業のリアルな職業体験を検索、体験申し込みができるプラットフォームとして、子ども、保護者、企業・団体それぞれのより良い未来づくりを目指していきます。社会で必要なスキルやビジネス知識を得る『スタートアップJr.』の講座学習と併せて、実社会の体験や理解を深める機会としてぜひご活用ください。

なお、子どもたちを受け入れていただけるホスト企業・団体について随時募集、受付をしており、今後、全国規模で登録数を増やしていく予定です。

詳細は以下、公式サイトをご覧ください。

https://shokugyotaiken.com

■プレスリリースはこちら

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000043615.html

カテゴリー
イベント

信濃毎日新聞に「スタートアップJr.アワード」入賞者の記事が掲載されました。

5月12日付の信濃毎日新聞(長野県)に、「スタートアップJr.アワード」2020年度大会で入賞した風越学園の生徒・児童について取材した記事が掲載されました。

カテゴリー
イベント

当社運営のカフェに小中学生が出店、リアルビジネスを体験!

このたび、スタートアップJr.と探究学舎とのコラボレーションにより、来る4月4日(日)より5月16日(日)までの隔週日曜日、小中学生の子どもたちが表参道のカフェ内に「マイショップ」を出店、リアルにビジネスを体験するイベントを開催いたします

<イベント開催の概要>
●開催日程
①4/4  (日)11:00~14:00
②4/18(日)11:00~14:00
③5/2  (日)11:00~14:00
④5/16(日)11:00~14:00

●各日程の出店内容
以下の4つのチームが4日間の日程に分かれて出店します(出店の内容や商品は変更する場合もあります)。

① 4/4(日)『キャンドルライト』チーム
小学生がつくったオリジナルキャンドルの販売を行います。

② 4/18(日)『Team B』チーム
ボードゲームジャーナリストにも相談して開発した、環境問題を学ぶことができるボードゲームを店頭販売します。

③ 5/2(日)『表参道で海のことを考えよう!』チーム

海に関する環境汚染問題をテーマに出店します。 砂浜に落ちている「シーグラス」を使った母の日用の髪飾りやマスクチャーム(マスクにつける飾り)作りを体験したり、海の環境汚染問題の話などを行います(その他の内容も検討中) 。

④ 5/16(日)『表参道でSDGsを学びながらおしゃれしよう!』チーム
かわいいフォトフレームやマスクチャーム作りを体験できるワークショップの他、SDGsに興味をもってもらえる動画を公開します(その他の内容も検討中)。

●来店予約について
ご来店の際は必ず以下よりご予約をお願いします。なお、4月4日の回のみ定員を設けております。
https://forms.gle/sgwp2tVcCKDLg9WE8

●開催場所

いいね!スタンド表参道


東京都渋谷区神宮前4-13-8
最寄駅:表参道駅(銀座線・半蔵門・千代田線)※A2番口より徒歩約3分
https://iinestand-omotesando.jp/

その他、詳細は以下プレスリリースをご覧ください。

<プレスリリースはこちら>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000043615.html

カテゴリー
イベント

大阪教育大学のサイトに「スタートアップJr.アワード」をご紹介いただきました。

2020年度スタートアップJr.アワードの中学生部門で、大阪教育大学付属天王寺中学2年生の高橋佑奈さん、竹沢絆さん、前田晴大さんのチームが大賞を受賞されたことに伴い、大阪教育大学本部のサイトにてご紹介いただきました。

詳しくはこちら

https://osaka-kyoiku.ac.jp/university/kikaku/topics/2021_01_03/202103_22_2.html

カテゴリー
イベント

東京新聞に取材いただきました。

3月20日(土)付の東京新聞にて、当社の取り組みを取材いただきました。
当社では、今後ともさままざま形で子どもたちの挑戦を応援してまいります。

カテゴリー
イベント

小学館の子育てwebメディア「HugKum」にスタートアップJr.アワード2020を取材いただきました。

小学館の子育てwebメディア「HugKum」にスタートアップJr.アワード2020を取材いただきました。

詳しくはこちら
https://hugkum.sho.jp/216116

カテゴリー
イベント

小中学生による社会課題解決のプレゼン大会「スタートアップJr.アワード2020」閉幕!

去る3月6日(土)、小学生による社会課題解決のプレゼン大会「スタートアップJr.アワード2020」(後援:東京都、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)を東京・茅場町のイベントスペース「FinGATE KAYABA」と日本全国をオンラインでつないで開催しました。

当日は小学生の部6組、中学生の部6組、計12組のファイナリストが参加(リアル参加6組、オンライン参加6組)してプレゼンテーションを行い、各部とも3組の受賞者を選出。

昨年大会同様、SDGsに絡む内容が多く見受けられましたが、今年度はアイデアのレベルにとどまらず、実現に向けてのリサーチを行なったり、実際にプロトタイプをつくるなど積極的なアクションを伴ったプレゼンテーションが目立ち、審査員からも称賛の声が寄せられました。

最終結果として、小学生の部大賞には李 禮元さん(小5・東京都)が、中学生の部大賞には髙橋 佑奈さん/竹沢 絆さん/前田 晴大さんのチーム(中2・大阪府)が選ばれ、今年10月から開催されるドバイ万博視察旅行の権利を獲得しました。

東京証券取引所から貸与された鐘を鳴らす小学生の部大賞の李 禮元さん

オンラインで参加した中学生の部大賞の髙橋 佑奈さん、竹沢 絆さん、前田 晴大さんチーム

*開催にあたっては、東京都感染症拡大防止対策に則り、会場収容人数50%以下、関係者のみの限定入場で一般客は無観客とし、全国をオンラインでつないで実施しています。

<プレスリリースはこちら>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000043615.html

<当日の実施風景の動画はこちら>
(冒頭の10数分画像が映りませんのでご了承ください)
https://www.youtube.com/watch?v=fhVK86gGHXE&t=11199s