カテゴリー
ブログ

テレビ東京の番組にてスタートアップJr.アワード2020大賞受賞者が紹介されました。

10月5日に放送されたテレビ東京「23時の密着テレビ:レベチな人見つけた」にて、小学生部門で大賞を受賞した李禮元(リ・レウォン)さんが取材を受け、番組内で紹介されました。番組では李禮元さんがアワードで披露したアイデア『漢字mission』も紹介、「日本一に選ばれたオリジナルの漢字ノート」として取り上げられ、その独創的なアイデアに番組MCのビートたけし氏、国分太一氏からも感嘆の声が上がりました。

当社では今後も、子どもたちの独創的な思考や発想をサポートする機会づくりを進めてまいります。

<番組概要>

番組:テレビ東京「23時の密着テレビ:レベチな人見つけた」

放送日:10月5日(火)23:06〜23:55

URL:https://www.tv-tokyo.co.jp/levechinahito_mitsuketa/backnumber/20211005/

カテゴリー
ブログ

日経産業新聞にオンライン職業体験イベントの記事が掲載されました。

9月6日付の日経産業新聞に、当社が商船三井様と共催で主催したオンライン職業体験イベントに関する記事が掲載されました。

当社の企画により、「子どもが企業のアンバサダーとなって、同世代の子どもたちに向けて同じ目線で海運業の魅力を発信する」というユニークな試みで行われたこのイベントは、アンケートでも参加した子どもの80%以上が「満足した」と回答し、日経産業新聞以外にも多くのメディアに取り上げられました。

カテゴリー
ブログ

尾木ママのブログに「スタートアップJr.アワード」をご紹介いただきました。

尾木ママこと尾木直樹さんのブログに「スタートアップJr.アワード」をご紹介いただきました。尾木さんは決勝大会当日に審査員を務められる予定ですが、ご本人も子どもたちのプレゼンを聞くのを楽しみにされているとのこと。

プレ・エントリーを申し込まれた方は、ぜひ決勝大会まで進んで尾木さんに自身の思いを伝えられるようがんばっていただきたいと思います。そしてプレ・エントリーがまだの方は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください!

https://ameblo.jp/oginaoki/entry-12695669362.html

カテゴリー
ブログ

上毛新聞にオンライン職業体験イベントを取材いただきました。

8月19日付け上毛新聞の社会面に掲載されました。

群馬県の県紙である上毛新聞に、8月18日に当社と商船三井さまの共催で行なったオンライン職業体験イベントの様子を取材いただきました。

当日はアメリカ、カナダ、香港など海外からの参加も含め計135名の子どもたちが参加し、アンバサダー役の萩原一颯さん、竜誠さんの進行で、時折、船長の貴重なお話なども交えながら、海運業の仕事や船舶について楽しい学びの時間を過ごしました。

子どもたちへのアンケートでは、

「全然知らない船のお仕事を知ることができて、とても面白かった」

「知らない事がいっぱいあって、本当に船を運転している船長さんに会えたり、お話を聞けたりした事が楽しかった」

「海運業という仕事があることを初めて知って面白そうと思いました」

「またやって欲しい」

といった好意的な意見がほぼ全数で、予想以上に良い反応を得ることができました。

当社では、今後も企業様さまのご協力をいただきながら今回のような職業体験イベントを行なってまいります。

カテゴリー
ブログ

ヤフーニュースに「スタートアップJr.アワード」ファイナリストの記事が掲載されました。

8月10日付のヤフーニュースに、「スタートアップJr.アワード」2020年度大会でファイナリストとして出場し、この8月18日に商船三井のアンバサダーとしてオンライン職業体験イベントに臨む萩原竜誠さんについて取材した記事が掲載されました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbe242b908e6932a562aa3088794659443eef41c

カテゴリー
ブログ

子どもたちと一緒に、社会課題の解決を目指すアワードへ。

今年度で3回目となる『スタートアップJr.アワード』のプレスリリースを先日、配信させていただきました。

今年度は、国内最大規模の高校生ビジネスコンテスト『キャリア甲子園』を主催しているマイナビさまがアワードの趣旨にご賛同いただき、冠スポンサーとなっています。さらに、決勝大会には、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんも特別審査員としてご登壇いただける運びとなりました。

回を重ねるごとに、保護者さまや学校の先生、さらには企業・メディアさまから関心をお寄せいただける状況になっており、運営スタッフの一人として嬉しい限りです。

このアワードのコンセプトは「小学生・中学生による社会課題解決のアイデアを競うプレゼン大会」ですが、単に勝敗を競うコンペティションではなく、このアワードを通じて、一人でも多くの子どもたちが社会課題について考えるきっかけになれば…というのがスタッフ一同の思いです。また、ファイナリストに選ばれた子どもたちのアイデアを、アイデアのまま終わらせるのではなく、実際に具現化させていきたいという思いもあります。

子どもならではの視点、柔軟な発想で考えたアイデアを、実際に社会課題を解決させていくソリューションとして昇華させていく…。このような考え方にご賛同いただける企業・メディアさまがいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

SDGs17番目の目標は【パートナーシップで目標を達成しよう】です。「重要なパートナー」として、子どもたちの力を借りながら、様々な社会課題が解決に向かっていくような未来を願って止みません。

「スタートアップJr.アワード2021」のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000043615.html

スタートアップJr.事務局 長竹

カテゴリー
ブログ

まもなくプレ・エントリー開始!『スタートアップJr.アワード2021』

スタートアップJr.アワード』は、小学生、中学生を対象とした、社会課題を解決するアイデアを競うプレゼンテーション大会です。自らが考えたアイデアを、本人もしくはチームでプレゼンテーションした動画で一次予選を通過後、決勝大会では現役ビジネスパーソンの審査員の前でプレゼンテーションを行って大賞を決定します(アイデアの独創性や着想力はもちろんのこと、プレゼンテーションの構成や表現力、訴求力も含めて総合的に評価)。

2019年に初開催したこの大会、2020年度のエントリーは北海道から中国エリアまで全国規模で拡大し、第3回目となる2021年度はさらなる応募増と激戦が予想されますが、一次予選の前段階となるプレ・エントリーを6月1日より開始いたします。

SDGsに関心があったり、日頃『スタートアップJr.』の講義で、社会をより深く、俯瞰的に見る視点を高めている小中学生の皆さんにぜひチャレンジしてもらいたいアワードですが、もちろんスタートアップJr.の会員でない方もご参加いただけます(参加費は無料)。また、昨年は学校の課題探究学習の一環として、このアワードに参加された学校もありました。事務局としても全面的にサポートさせていただきますので、先生方にはぜひそのような活用としてもご検討いただければと思います。

詳細については正式にリリースした後、改めてブログ上でもご連絡させていただきますが、以下、公式サイトにも先行してスケジュール等を記載しておりますのでご覧ください。
https://startupjr-award.jp

カテゴリー
ブログ

学校教育の現場でも高まる「社会で活きる学び」へのニーズ

スタートアップJr.事務局の長竹です。

3月に開催された小中学生による社会課題解決のプレゼンテーション大会『スタートアップJr.アワード』の決勝から早くもひと月が経ちました。

事務局では、今年度の開催に向けて少しずつ準備を始めていますが、レビューも兼ねてアワードに応募いただいた中学校の先生にヒアリングをさせていただく機会を設けました。

そこではいろいろと興味深いお話をお伺いすることができたのですが、アワードにご応募いただいた経緯や理由として何名かの先生が語っておられたことは、「正解のない問いに向き合い、自分なりの解を導く機会」と「中学生という立場から社会参画する意識を持つ」ことの必要性でした。

『スタートアップJr.アワード』がそのような点で、学校の先生方にポジティブに捉えていただけていることを嬉しく思うと同時に、「社会で活きる学び」へのニーズは学校教育の現場でも確実に高まってきていることを実感した次第です。

事務局ではアワードの開催のみならず、今後は学校や我々の活動に賛同いただける企業と連携し、子どもたちと企業、学校と企業のリレーションづくりなども推進していきたいと考えていますので、ご関心のある学校また企業のご関係者さまからもお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

なお、第3回大会の開催概要のお知らせは6月前後になると思いますが、ぜひ今大会も多くの小中学生たちにエントリーいいただければと思います。

カテゴリー
ブログ

コミュニケーション①Live講座〜レポート前編〜       

こんにちは!スタートアップJr.事務局 佐々木純子です。

スタートアップJr.Live講座の様子をレポートします!!
今日のレポートは、コミュニケーション講座(前半)です。
コミュニケーション講座の初回「自己紹介」Live講座の様子をお伝えします!

はじめの一歩自己紹介
〜オープニング〜

私たちは、人と出会い、人とコミュニケーションをしながら
社会生活を送っています。子どもたちも、新学年のタイミングや
塾や習い事などで、子ども同士でも初めて会う人とのコミュニケーションを体験することになります。とりわけ初めて会った人とのコミュニケーションは緊張するものです。
けれども少しの工夫があれば、この緊張感は軽減できます。
スタートアップJr.Live講座では、この「少しの工夫」を子どもが自ら理解し活用し行動できるようにお伝えしています。

相手に知らせたいことは何か?
〜知識のinput&thinking〜

自己紹介は、自分で自分のことを相手に知らせるコミュニケーションです。とてもシンプルなことですが、実際には難しいな、
何だか恥ずかしいな…と思うこともありますよね。

相手に知らせたいことは何か?

これが、ぼんやりしたまま話し始めると、自信がなく、声が小さくなり…。相手に上手く伝わらないコミュニケーションとなってしまいます。けれども相手に伝えたいことは何か、そして相手に自分のことを誠実に伝えようとする行動は、どのような意味があるのか、こういったことを講師(ガイド)とのインタラクティブなコミュニケーションによって、子どもの内省化を促しつつ、答えを講師(ガイド)と一緒に探しにいきます。その体験から得た新しい知識や気づきを持つこと。更に、得た知識を実際に活用しoutputする行動へと繋げていきます。

自己紹介のテンプレート作成!

「少しの工夫」の1つとしてテンプレートを作成してみよう

自己紹介で話したいことの基本の型を作る。
その目的は、話すことと話し方がわかれば、これまで苦手だった自己紹介が簡単にできるようになるからです。

Live講座にご参加のお子さまの声
・こうやって話せばいいってことがわかった!
・話し方がわかったから自信がついた!
・自分のいいところが見つけられたから嬉しくなった!

こうやって実際に話す体験を通して、自分なりに工夫できたことが「役立つスキル」として身についていきます。

「こうやって話せばいいんだ」ということが見つけられたこと。
そのような体験こそが、自己効力感にも繋がります。
40分間のLive講座の中で、子供たちにとって自分に対する自信を高めることができる、そんな学びの場になることも期待しています。

信頼関係を築く力を養う

自己紹介と挨拶で信頼関係を築く。
自ら信頼を獲得できる人になる。その力を育む体験。
Live講座の中では、実際に発声し話す体験も取り入れています。
それによって、子どものチャレンジする心や自信にもつながります。コミュニケーションは、安心できる場での練習。そして体験の回数。それらによって自分らしく話せるコツが掴めるようになります。こうやって更に成長していく子どもたちを間近に感じながら、安心して学べる場作りをスタートアップJr.Live講座では大切にしています!

では、次回はコミュニケーション(後編)Live講座レポートを
お伝えしたいと思います。

スタートアップJr.Live講座一覧はこちらから↓

https://startupjr.jp/search

最後までお目通しいただきありがとうございます!

スタートアップJr.事務局佐々木 純子

カテゴリー
ブログ

「余所者視点」のグローバル教育

スタートアップJr.事務局の長竹です。

先回のブログで、シビックプライドについて触れさせていただきましたが、地域おこしに必要な視点としてよく挙げられるのが「余所者、若者、馬鹿者」という3つのキーワードです。

要するに

①当の地域に住む者ではない外部からの視点

②若者の自由で柔軟な発想

③常識にとらわれない(いい意味でcrazyな)発想

ということです。

そこで今回はこれに倣い「余所者視点のグローバル教育」というテーマで、日本の中学校・高校におけるグローバル教育について、個人的に思うところを述べさせていただきます。

文部科学省が<国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高校段階から育成する>ことを目的としたスーパーグローバルハイスクール制度を開始して丸6年、その影響もあると思いますが、高校卒業後に海外の大学を目指す生徒が増加傾向になってきているようです(コロナ禍が今後どう影響するかはわかりませんが…)。

あらためて私立中学、高校のグローバル教育の取り組み内容を検索してみると、国際バカロレアの認定なども増えてきているようではありますが、

・英語教育の充実

・交換留学など海外校との連携

・第二外国語の学習

といった類が多く見受けられます。

もちろん、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを目指すとなれば、まずは語学を習得していないことには如何ともし難いため、何より優先されるべきものであることは自明の理ですが、一方でそれだけでいいのだろうかという疑問も覚えます。もし、それらの他に学ぶべきものは何かと問われれば、個人的には宗教と地政学を挙げます。

宗教と言っても、もちろん特定の宗教の教えを学ぶというようなことではなく、「現代社会の中で宗教がどう世界の政治や経済に影響しているのかを識る」ということです。

なぜなら、その理解なしに世界で起きている様々な事象を深く洞察することは難しいと思うからです。

例えば、アメリカの建国から経済的繁栄、そして現在の分断に至るまですべて宗教が起因していますし、中国のチベット自治区や新疆ウイグル自治区をはじめとする様々な人権問題も根底にはそれが絡んでいます。

ヨーロッパも当然ながら単純な一枚岩ではなく、東西、また南北でキリスト教の宗派が異なりますが、そこから生じる国民性の違いは、政治や経済にも影響を及ぼします。かようにグローバル・リーダー育成以前の問題として、国際社会の正しい理解、国際情勢の把握、またダイバーシティの観点からも最低限の基礎的な知識は得ておくべきではないかと考えます。

加えて、今までの論点から若干逸れますが、国際的に活躍するグローバル・リーダーともなれば、有識者との会話に美術・芸術の話は教養として欠かせないものになってくると思われます。その際に、宗教や宗教観をバックボーンとした中世の西洋絵画(そもそもキリスト教を伝える「メディア」としての本来的機能を有している)などの作品を正しく読み解き、理解するためにも基礎的な知識は必要不可欠なのではないでしょうか。

地政学に関しても、どっぷりと学ぶということではなく、その学術的視点や思考法を基に、俯瞰して世界を捉えるマクロ視点を身につけることが重要だと思います。とどのつまり、それがグローバル・リーダーにとって欠かせない資質だからです。

充実した英語教育や海外への留学を基軸としながら、わずかな時間でもそのような学びを採り入れていくことが、真のグローバル・リーダーの輩出につながるのではないかと余所者としては考える次第です。

スタートアップJr.事務局 長竹直哉